khtatuのスポーツブログ

スポーツ観戦関連のブログです

野村克也さん訃報Ⅱ

知らなかったなー。

投手に盗塁防止でクイック投法をさせるように考えたのはこの方が初めてだとか。

野村さん自身肩が弱かったので盗塁阻止のための工夫だったとか。

楽天の監督時代、自由に打つことしか頭になかった

元中日の山崎武司に投手の配球を読むことを教え、

38歳にして本塁打王打点王を取らせた。

手腕、説得力。

まあちょっと理屈っぽく、毒舌の野村さん。

とっつきにくさの裏には、豊富な理論が隠されていた。

著作物の多さはどうだ。

まあ好みの人ではないがさすがの野球人だった。

 

 

 

野村克也さんが亡くなったそうで・・合掌

奥さんが亡くなられてからの憔悴ぶりがひどくて・・なんだかと思っていましたがこんなに急に。まあ名監督の一人なのかなー。

まあこの時期にこんなことを言っちゃいけないのかもしれませんが、

氏の毒舌ぶりはまあなかなかなもんで。昔の監督にはこういう方が多い。

でも的を得ていることが多いのでさすがか・・。

さすがに最近は解説をしてないようですがもっと聞きたかったんだけどね。

私ども野村さんの選手時代はさすがに映像は見ていないというか。なにせパリーグなのでこの時代は見られない。

南海ホークス監督時代(選手兼任)でも記憶なし。

やはりその後の解説者時代の野村スコープか、まあこの画面の枠、うちの親父は見にくいと怒っていましたが、投手の投げる球種の予測がことごとく当たっているとか、さすがだったなー。

ヤクルトで日本一、後は阪神楽天でも監督。この時代成績はもう少しだったが・・。

ぜかこの二球団の後任監督は星野さんで、いずれも優勝している。楽天では日本一にも・・。

面白い因縁、もう今は二人とも天国か・・。なんだか・・。

 

 

 

2020年初場所大相撲、徳勝龍優勝!?

あれよあれよという間に勢い?で優勝してしまった。

貴景勝に勝つとは思わなかった。

勢いは怖い。

これで来場所も頑張ってくれたら―??

どうなのかな。平幕優勝の力士って。

無論例外もありますが、大体一発屋で終わりのことが多い。

徳勝龍にはジンクスを破ってほしいものだが・・年がなー。

33歳とは。

同い年の豪栄道がカド番負け越しで、引退してしまった。

まあどうなのかなー。

白鵬は年内に引退するらしい・・まあ噂にすぎませんが。

そうなると戦国時代の到来だなー。

うっかりすると誰が優勝してもおかしくない。

まあ貴景勝にもっと頑張ってほしいものだ。

 

高木チェックって・・

CBCのドラゴンズ応援番組「サンデードラゴンズ」で高木守道さんが解説者として出演した時の、ドラゴンズ選手の守備のレベルチェックコーナー。

要するにドラゴンズ選手の試合中のファインプレーをした(と局側は見ている)映像を見て高木さんがそれをファインプレーかどうか判定するという。

高木さんほとんどのプレーを普通と判定し、プロであればあの程度の守備は当然と判定していた。

アナウンサーがこれは・・・と促してもファインプレーの札が出た記憶はあったのかなー?

ファインプレーの札をたくさん出して番組を盛り上げる気はさらさらなくて・・・。

真面目というか・・レベルが高いんだなー。

さすが名手。

最近は高木さんのTV 出演の記憶はないのでこのコーナーもやられていなかった。もう見られない。懐かしいなー。

高木守道氏死去(2)

高木さん入団時の監督杉下さん(あのフォークボールの)によれば、キャンプ時に有名なバックトスをやっていたという。もうすでに完成していたのか・・。

 

あの国民的行事(と言ったのは長嶋さんだったとか)の10.8のジャイアンツとの決戦。

長嶋さんが先発投手を三人継投させたのに高木さんは普通の継投、今中→山田喜久雄。

でもこれはいつもの通りで異様な雰囲気に流されたくない高木さんの考え方だったとか。

まあ結果としては負けてしまい目の前での胴上げとなったわけで。

なんだかこの年は来年度の星野さんの二度目の監督就任が予定されていたらしい。

まあしかし選手の希望で高木さんにもう一度・・ということになったのか。

しかし翌年は5位で、その年で降板となった。

又、その後、二度目の監督就任はあの落合さんの連覇の後の就任。

球団も人選に困ったのかなー。

高木さん、前回の監督就任も星野さんの一度目の監督の後を引き継いでいて。

こまった時の高木さん頼みなのかなー。

球団もしょうがないことか。

しかし二度目の高木さん就任、その年にCS2回戦でジャイアンツに三連勝し、日本シリーズ進出にあと一歩というところで逆に三連敗してしまった。

吉見が故障し投げられなかったのが痛かったのかなー。

合掌・・・。(;_;)

高木守道氏、急死(;_:)

持病があったのかなー?数日前にはラジオ番組に元気に出演していたという・・。

セリーグを代表する名二塁手。意外に本塁打が多く、強打者でもあった。

無論守備は天下一品。あのバックトス

監督としては不運で、優勝に届かなかった。

78歳は早いなー。

言葉は少ない解説ながら、意外にひょうきんで。朴訥な人柄を表した。

最近はTV出演は少なかった。2度目の監督の辞め方が気になったのか。

(審判に猛抗議して退場、次の試合から休養・・退任へ)

残念。

 

 

 

 

令和2年初場所

早くも2横綱球場!!

白鵬、負けが込むと得意の休場ですか。

でも怪我はしょうがないけどな。

そんなに東京五輪までとこだわらなくてもいいのに。

やはりレスリングで過去に五輪に出た父親のことが・・ということか。

まあしかし、引導を渡せるほかの力士がいないのじゃしょうがないな。

まだまだ来場所以降は出ると思う。

鶴竜はもうこんなものかな。引退まじかか。

こちらも微妙。

大関はもうしょうがない。

貴景勝、朝乃山の成長待ちか。

もう一つ盛り上がらないかな。

 

令和元年11月場所は白鵬43回目の優勝

上位が休場し、貴景勝も故障上がりでけいこ不足。これじゃ白鵬が優勝するよ。

かちあげ優勝か?張り手優勝か?しょうがない。

まあ誰も言う人がいないからなー。大鵬さんも亡くなっているし。何か白鵬に言えるのはこの人位。

でもなんにしても食らう方ももっと工夫しないと。

研究不足。

 

日本ラグビーW杯決勝リーグ敗退4強逃す

いやーよくやりました。前半は良く南アフリカを少ない点差で押さえた。

後半はやはり地力の差が出てしまったかな。モールは押され、ボールは良く取られてしまった。

まあしょうがない、力の差か。

また次の世代へ。つないでください。

 

 

貴ノ富士、引退

結局、引退を決めたのか。しょうがない。

弁護士に依頼して何か言ってるようだが、暴力事件を起こした力士が何を言うかということになってしまう。

何かなー。

残念としか言いようがない。